​水城ゼミについて

水城ゆうが主催するいくつかの講座、ワークショップ、勉強会を統合したものが「水城ゼミ」です。

Slackというチームコミュニケーションツールを使いますので、どなたも安心して参加できるほか、必要なら参加メンバー同士で交流することもできます。

 

チャンネルごとにテーマが決まっています。

参加者はどのチャンネルに参加するか選んでください。

各チャンネルは基本的に参加者専用ですが、共通チャンネルもあります。

 

以下に簡単な説明を書いておきます。

「★」はメンバーオンリーのクローズドチャンネル、「◎」は水城ゼミ参加メンバーはだれでも読み書きできる共通チャンネル、「●」はリードオンリーです。

 

 現代朗読ゼミチャンネル★

  現代朗読ゼミ雑談チャンネル◎

 ひよめき塾チャンネル★

  ひよめき塾雑談チャンネル◎

 共感手帳術チャンネル★

  共感手帳術雑談チャンネル◎

 共感文章講座チャンネル★

  共感文章講座雑談チャンネル◎

 電子書籍作りチャンネル★

 お知らせチャンネル●

 自己紹介チャンネル◎

 雑談チャンネル◎

その他随時、必要に応じて開設します。

各チャンネルの参加方法ですが、水城に直接お申し込みください。
※参加申し込みおよび問い合わせは、こちらから。

参加費はそれぞれ基準額が設定されています(月定額)、経済状況に応じて各自無理のない範囲で月ごとにスライダー制で支払うこともできます。

各チャンネルの内容と参加方法については、以下に説明します。

 

 

現代朗読ゼミチャンネル★について-----

現代朗読ゼミ生のための場です。

現代朗読ゼミ生は他のチャンネルにもすべて自由に参加できます。

参加基準額は毎月6,000円ですが、経済状況に応じてスライダー方式もご利用ください。

 

ひよめき塾チャンネル★について-----

ひよめき塾参加者のための場です。

ひよめき塾参加者は電子書籍作りチャンネルにも参加できます。

参加基準額は毎月3,000円ですが、経済状況に応じてスライダー方式もご利用ください。

 

共感手帳術チャンネル★について-----

共感手帳術講座の継続参加者のための場です。

共感手帳術参加者は電子書籍作りチャンネルにも参加できます。

参加基準額は毎月3,000円ですが、経済状況に応じてスライダー方式もご利用ください。

 

共感文章講座チャンネル★について-----

共感文章講座の継続参加者のための場です。

共感文章講座参加者は電子書籍作りチャンネルにも参加できます。

参加基準額は毎月3,000円ですが、経済状況に応じてスライダー方式もご利用ください。

 

電子書籍作りチャンネル★について-----

電子書籍(ときには紙本も)製作についてのノウハウをシェアする場です。

現代朗読ゼミ生、ひよめき塾、共感手帳術、共感文章講座のメンバーも参加できます。

通過の参加費は不要です。

 

お知らせチャンネル●について-----

運営側からのお知らせや案内を発表する場です。

参加にあたってかならず目を通しておいてください。

 

自己紹介チャンネル◎について-----

水城ゼミ参加者はかならず自己紹介をお願いします。

差し支えない範囲でかまいません。

自己紹介をいただけない方については、参加権限を喪失することがあります。

 

雑談チャンネル◎について-----

水城ゼミ参加者はどなたも自由に参加できます。

どんなことでも読み書き自由です。

みなさんの交流の場です。

お互いの批判、批評、中傷はおことわりします。

案内役は小説家でピアニストの水城ゆうです。
アマゾン検索でたくさんの著書が出てきますので、参考にしてみてください。

◎参加申し込み・お問い合わせはこちらの申し込みフォームから。

​こちらの購読ボタンから「現代朗読ゼミ」の基準額・毎月6,000円の定額支払い&申し込みができます。

​こちらの購読ボタンから「共感手帳術」と「共感文章講座」の基準額・毎月3,000円の定額支払い&申し込みができます。

​ご自分の経済状況に合わせて無理なく参加できる額を選んでください。